申込入力

(一般社団法人)都市計画コンサルタント協会
【 第228回都市懇サロン】


[詳細]
第228回[都市懇サロン]のお知らせ

CPD単位  2ポイント
認定番号 22180032

都市懇サロンは、会員の皆様の勉強及び交流の場として平成7年10月から開催しております。
時流にあったテーマや興味ある問題をとりいれながら、各分野でご活躍なされている方にお話して頂く、気軽に参加できる都市懇サロンです。下記の通り開催致しますので、ご希望の方は当協会ホームページ (下記URLをご参照下さい。)にてお申込み下さい。また、夫々の継続教育にもご活用下さい。


テーマ:「都市計画のミライを考える」貸借円滑化法と都市農地活用の新たな局面
― これまで狭い国土の中で都市と農地はせめぎ合ってきたが、今般の貸借円滑化法により、農業政策の守備範囲が示され、そのどちらにも属さない空地への対応という新たなテーマが突きつけられた。
国の風土・歴史と密接に結びついた農地制度の成り立ちをひも解く中で、この問題を考える。 ―
                                         

○講師:一般財団法人都市農地活用支援センター
    常務理事 佐藤 啓二 さん

○日時:平成31年 2月 12日(火)  18:00から20:00の予定
○場所:当協会 会議室   ○定員:25名
○資料代:¥2,000−〔資料・飲物代(当日支払)〕
○〆切:平成31年 2月 11日(月)
○問合せ・申込方法:一般社団法人 都市計画コンサルタント協会 事務局:木村 まで
TEL 03-3261-6058  / Eメール info@toshicon.or.jp
※お申し込みは、下記URLから直接お申し込みください。
http://www.toshicon.or.jp/seminar
  又は、一般社団法人 都市計画コンサルタント協会 ホームページ 〔都市懇サロン〕を検索して
いただきますと、参加申し込みのボタンがあります。
※申込の方には、折返し「受付確認済」のメールを致します。

○都合により、講師の方が変更する場合がありますのでご了承ください。

〔佐藤 啓二(さとう・けいじ)さん PROFILE〕
東北大学大学院修了後、旧建設省などを経て2007年より(財)都市農地活用支援センターに勤務。
現在、(一財)都市農地活用支援センター常務理事兼統括研究員として、都市農地保全に向けた自治
体、JA等の取組みを支援すると共に農業者、都市住民が連携した「農」のある暮らしづくりを推進中。
(一財)都市農地活用支援センターアドバイザー。技術士(建設部門)。

近著に「ケース別 農地の権利移動・転用可否判断の手引き」(新日本法規出版)、「一問一答 新しい都
市農地制度と税務」(ぎょうせい)




お名前等(*必須) 電話番号は、ハイフン(-)無、半角数字でお願いします。
* *
姓よみ* 名よみ*
メール*
メールドメイン指定受信許可のご確認
「@toshicon.or.jp」から届くメールを、ドメイン指定で受信許可と
していただきますようおねがいいたします。
※「メールドメイン指定受信許可」とは、迷惑メール対策として、
許可した発信者からのメールしか受信しないように
設定するものです。
電話番号*
その他入力事項
会員区分
都市計画CPD会員番号(都市計画CPDポイントの付与を希望される方は、下記の生年月日を必ず記入してください)
生年月日
会社名*
所属
通信欄

[個人情報保護方針]

 (一般社団法人)都市計画コンサルタント協会は、お客様個人を識別し得る情報(以下、「個人情報」といいます)を適切に保護することが重要であると認識し、以下のように取り組んでおります。

(1)個人情報の取得・利用について

 個人情報は、その目的を明確にし、適法かつ適正な方法によって取得いたします。 また、取得する範囲は、その目的達成に必要な範囲にとどめるものといたします。その内、お客様に関する個人情報は「情報処理、 その他のお客様の便宜のため」 に取得ならびに利用させて頂きます。

(2)個人情報の提供について

 個人情報を提供する場合は、必ず事前に同意を得てから提供いたします。法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。

(3)個人情報の安全管理について

 個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏えい等を防止するため、不正アクセス対策、ウイルス対策等の情報セキュリティ対策を行います。

(4)個人情報に関する法規制の遵守について

 コンプライアンスの精神に則り、個人情報に関する法令及びその他の規範を厳格に遵守いたします。

(5)個人情報保護の仕組みの見直しについて

 個人情報保護マネジメントシステムを定期的に見直し、その時代にあったものに改善いたします。 また、全従業員を対象に定期的な教育を行うことによりレベルアップを目指すことと致します。