申込入力

(一般社団法人)都市計画コンサルタント協会
【 平成29年度都市計画実務発表会】


[詳細]
CPD単位 4.5
認定番号22170017

平成29年度 都市計画 実務発表会
開催要領


1.主催
公益社団法人 日本都市計画学会・一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

2.主旨
これからの我が国の都市計画・まちづくりを進めていくにあたり、都市計画の実務を担う都市計画コンサルタントと都市計画を専門とする学識者等が都市計画の実務を通じて意見交換を行うことは、我が国の都市計画を進めていくうえで有益なことであると考えられます。また、実務に関する発表を通じて発表者及び参加者の技術力の向上や学会での論文発表等への発展も期待されます。
このようなことから、平成26年度より、公益社団法人日本都市計画学会と一般社団法人都市計画コンサルタント協会が共同して都市計画の実務に係る発表会(以下、「実務発表会」)を開催してきました。
本年度は、社会・経済情勢の変化への対応や医療・福祉などの他分野との連携等のこれからの地域づくり・まちづくりに向けた取り組みなどについての発表・意見交換を行うことを目的とし、「コンパクトなまちづくり」をテーマとして開催することとしました。

3.日時・会場
開催日時 平成29年9月28日(木)13:30〜18:00終了予定(開場13:00)
交流会18:30〜19:30(希望者のみ)
開催場所 NSRI ホール(別紙1参照)
東京都千代田区飯田橋2−7−5 明治安田生命飯田橋ビル2階
「飯田橋駅」:JR総武線東口 徒歩5分
東京メトロ東西線 A5出口 徒歩3分
東京メトロ南北線、有楽町線、都営地下鉄大江戸線
A2、A4出口 徒歩5分
「九段下駅」:東京メトロ東西線、半蔵門線、都営地下鉄新宿線 5、7出口 徒歩5分

4.発表会内容
(1)実務発表
テーマ:コンパクトなまちづくり
我が国は人口減少局面に突入しており、未だ世界のどの国も経験したことのない少子・高齢化社会を迎え、我が国の都市計画・まちづくりはコンパクト&ネットワーク型都市構造への転換を図るための様々な取組みとして、LRT・BRT等の公共交通と一体となったとまちづくり、健康・医療・福祉政策と連携したまちづくり、地域コミュニティや官民連携まちづくりなど、新たな時代に向けたコンパクトなまちづくりが進められています。
このような背景を踏まえ、「コンパクトなまちづくり」をテーマとして、次頁のキーワード例に示すような業務分野の発表を募集します。
【実務発表のキーワード例】 ここに示すキーワードはあくまで一例です。
【新たな時代に向けたコンパクトなまちづくり】
○人口減少社会、少子高齢社会、消滅可能性都市、コンパクト&ネットワーク、立地適正化計画、中心市街地の活性化、市街地のスプロール化抑制、都市インフラ(道路・公園等)の利活用、都市機能・施設のリノベーション・コンバージョン、団地再生、密集市街地対策、空き地・空き家の活用、特区制度等を活用したまちづくり など
【交通とコンパクトなまちづくり】
○都市計画道路の見直し、地域公共交通網形成計画、鉄道と一体となったまちづくり、まちづくりと一体となった公共交通の再編、LRTやBRTを活用したまちづくり、地方都市における公共交通の維持・確保、交通結節点とまちづくり、買い物難民対策、フリンジパーキング、次世代交通システム など
【健康・医療・福祉政策とコンパクトなまちづくり】
○歩きたくなるまちづくり、歩いて暮らせるまちづくり、歩行者や自転車にやさしいまちづくり、歩行者の復権や都市のモビリティの転換 など
【地域コミュニティ・官民連携とコンパクトなまちづくり】
○地域コミュニティによるまちづくり、小さな拠点づくりや中山間地域づくり、コミュニティデザイン、官民連携まちづくり、政策連携や異分野との連携、大学や研究組織との連携、プレイスメイキング など
【その他】
○復興まちづくりとコンパクトシティ、低炭素まちづくり、歴史文化の継承・活用、
観光まちづくり、水と緑のまちづくり、ICTを活用したまちづくり など

(2)当日の予定
13:30〜13:35  開会のあいさつ
13:35〜13:45  開催にあたって
13:45〜17:10  実務発表(途中休憩を含む)
17:10〜17:25  休憩
17:25〜17:45  講評・全体質疑・討論
17:45〜17:55  表彰
17:55〜18:00  閉会のあいさつ
18:00      閉会
18:30〜19:30  交流会 ※希望者のみ、会場:NSRIホール
※ 予定は、発表者の決定、発表会の運営等により、変更になることがあります。

5.参加定員
100名程度

6.参加費
実務発表者              1,500円
実務発表者以外 協会会員会社の職員  1,500円
学会員        1,500円
学生           500円
地方自治体関係者   1,500円
上記以外の方             2,000円 
交流会参加費             1,000円(参加希望者のみ)


7.申込方法
【実務発表者】
・お申込みは、別添「都市計画 実務発表会 発表者募集要項」をご覧の上、お申込ください。

【実務発表者以外】
・参加資格要件はありません。どなたでも参加できます。
・お申込は、協会ホームページ(http://www.toshicon.or.jp/)よりお申込ください。
・お申込み時に定員となっており、受付できない場合がありますので、予めご了承ください。
・お申込いただいた方には自動的に受付完了に関しての電子メールをお出ししています。
電子メールが届かない場合は「10.申込先・問合せ先」までお電話でお問合せください。
・参加費は「8.申込・払込締切日」までに、「9.振込先」にお振込みください。参加費は、お振込のみの扱いとさせていただきますので、ご了承ください。お振込の際は、所属団体名(会社名、学校名等)及び氏名をご記入(入力)ください。
・なお、お振込をもって、領収書とさせていただきます。
※参加費は、原則、事前振込みをお願いします。ご都合の悪い方はお問い合わせください。
※ご欠席の方には資料を送付し、返金はいたしません。
※交流会の参加費は、当日お支払い頂きます。

8.申込・払込締切日
実務発表者   平成29年 6月30日(金)
実務発表者以外 平成29年 9月20日(水)
※締切日が過ぎましても、人数に余裕がある場合は受付けいたしますので、「10.申込先・問合せ先」までお問合せ下さい。

9.振込先
みずほ銀行 町(ちょう)村(そん)会館(かいかん)出張所(しゅっちょうじょ) 普通口座 癸横械沓隠牽横
シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

10.申込先・問合せ先
一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:冨岡
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
TEL:03−3261−6058 FAX:03−3261−5082
E-Mail :senmu@toshicon.or.jp

11.その他
・お申込み頂いた個人情報は、当発表会の業務に使用させて頂く以外に、他の目的には使用いたしません。
・領収書は希望者のみの発行とし、当日お渡しいたします。必要な場合は必ず申込様式の通信欄にご記入のうえ、お申込ください。

以上




お名前等(*必須) 電話番号は、ハイフン(-)無、半角数字でお願いします。
* *
姓よみ* 名よみ*
メール*
メールドメイン指定受信許可のご確認
「@toshicon.or.jp」から届くメールを、ドメイン指定で受信許可と
していただきますようおねがいいたします。
※「メールドメイン指定受信許可」とは、迷惑メール対策として、
許可した発信者からのメールしか受信しないように
設定するものです。
電話番号*
その他入力事項
会員区分
都市計画CPD会員番号(都市計画CPD会員の方は次の生年月日を必ず語記入ください)
交流会参加・不参加(ご記入ください)*
生年月日
会社名*
所属
通信欄

[個人情報保護方針]

 (一般社団法人)都市計画コンサルタント協会は、お客様個人を識別し得る情報(以下、「個人情報」といいます)を適切に保護することが重要であると認識し、以下のように取り組んでおります。

(1)個人情報の取得・利用について

 個人情報は、その目的を明確にし、適法かつ適正な方法によって取得いたします。 また、取得する範囲は、その目的達成に必要な範囲にとどめるものといたします。その内、お客様に関する個人情報は「情報処理、 その他のお客様の便宜のため」 に取得ならびに利用させて頂きます。

(2)個人情報の提供について

 個人情報を提供する場合は、必ず事前に同意を得てから提供いたします。法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。

(3)個人情報の安全管理について

 個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏えい等を防止するため、不正アクセス対策、ウイルス対策等の情報セキュリティ対策を行います。

(4)個人情報に関する法規制の遵守について

 コンプライアンスの精神に則り、個人情報に関する法令及びその他の規範を厳格に遵守いたします。

(5)個人情報保護の仕組みの見直しについて

 個人情報保護マネジメントシステムを定期的に見直し、その時代にあったものに改善いたします。 また、全従業員を対象に定期的な教育を行うことによりレベルアップを目指すことと致します。